事業概要

プリンシパル投資事業

不動産投資

当社は、複雑な権利関係の不動産、不良債権化した不動産など市場での不動産取引が困難な案件を多数手掛けた実績と長年のファンド運用の経験を活かし自己投資を行います。
ポートフォリオに関しては、コア資産とオポチュニティ資産の比率を、市場環境の変化を見据えながら柔軟に変化させ、内部成長を実現しながら資産拡大を目指します。


当社の取組方針は次のとおりです。

投資手法
不動産投資(現物不動産、不動産信託受益権)、ディストレス投資、
不動産を裏付とするストラクチャー案件への投資、
不動産保有企業の株式取得
投資対象アセット
  • (コア資産)住宅、オフィス
  • (オポチュニティ資産)倉庫、商業施設他も一定のレンジで柔軟に組入れ
投資対象エリア
東京、神奈川、埼玉、千葉、政令指定都市他
特色
  • ●権利関係が複雑な不動産及び不良債権化した不動産の流動化に強み
  • ●各種ファンド投資への出資についても、スキーム、投資期間等について柔軟に対応、また他の投資家との共同出資にも積極的に対応

※当社が手掛けるファンド事業との利益相反を防止するため、自己投資案件とファンド資産案件の売買については、弁護士及び不動産鑑定士を含む外部委員をメンバーとする委員会での承認を義務付けるなど、明確なルールの下に運営いたします。